お疲れ様です?

   

(以前にも書いたかもだけど、古いブログ遡ったりしないので)

感情や関係性の表現を伴わない《返事・挨拶》って、

表現する目的のない《音》を出してるってことなので、
《返事・挨拶》も大事にします。
その言い方ひとつでどれだけ相手の心を奪えるか。
笑顔で目を見て「こんにちは」と言われただけで落ちます。大概の男は落ちます。
これを計算せず天然で出来る人は天才。できない人は勉強すればいいだけ。
表現するために言葉を発して欲しいので、意味の伝わらない言葉もやめてほしいです。
ケース1————————————-
「はい!!」と声を出すことが目的ではなくて、
理解してることを伝えるために声を出してほしいのです。
ケース2—————————————
「お疲れ様です」は、一緒に仕事をした場では使えるけど、
相手の1日をまるで知らないのにメールで「お疲れ様です」は、ないなぁ。何が?と思ってしまう。
基本的に、《挨拶》ではないのでは。
『挨拶として成立する場面もある』が、近いニュアンスではなかろうか。(2019年5月の感覚)
細かい話でなんでもいいわー、という方もいらっしゃるかもだけど、
「どう表現すると自分の伝えたいことが伝わるか」を考えなきゃいけない職業だし、
音楽を作るってそういうことだと思うので、
音楽を学ぶ学生にも伝えています。

 - 未分類