レッスン受けるって武器増やすってこと

   

唐突だけどドラクエってやったことあるかな?
ファイナルファンタジーでもロールプレイングゲームなら割となんでもいいんだけど。
その武器をイメージしてみて。
単純に一匹のモンスターにダメージを与える武器だけでなく、
大勢のモンスターに、一度に攻撃できる武器もあるし、
モンスターの能力を下げる武器もあるし、
攻撃力は弱いけど、たまに一撃で倒せる、みたいな武器がある。
これが最強!って思う武器もあるんだけど、戦う敵が決まってる場合は、その敵に応じた武器を装備して戦うのよ。
講師って人によって言うことはバラバラで戸惑うことも多いでしょう。困るよね。
講師の言う奏法や音楽性というのは一つの武器のようなもので、
とりあえず手に入れておけばいいよ。
それが最善の武器かもしれないし、もっといいものがあるかもしれない。
講師は「この敵にはこの武器がいいよ!」っておススメしてくれてるんだ。
その後、練習すれば、その奏法は強化される。
敵に応じて武器を取り替えるように、
演奏する音楽によって奏法を使い分ければいい。
レッスンは君の武器を増やす時間だ。
本気で集中してレッスンを受け、講師のいいところを最大限に盗めば、レッスン時間内でも結構立派な武器が手に入る。
中途半端にレッスンを受けて、フニャフニャの武器にならないようにね。
便宜上、音楽をモンスターや敵って例えたけど、
実際は僕たちにダメージを与えて来ない優しいやつだし、経験値だけ与えてくれる甘いやつだから。音楽って安全で楽しくてタメになるね。
楽しんで。

 - レッスン