プロとは

   

こんにちは。

 

専門性高いブログ書くのも大変なので、ここらでハードルを下げてまたブログを綴っていきます。

 

プロフェッショナルとはなんぞ、という話は色々な業界でききますね。

「〜の流儀」なんてテレビ番組もあるくらいだから《プロフェッショナル》というのはカッコいいことなんです。

 

ただ芸術において、プロフェッショナルという言葉の意味は、
①稼業だという社会的な意味だったり、
②その分野に真摯に向き合っているという精神的な意味だったり、
③失敗や成功の経験値だったり、
④質が担保されているという意味だったり。
どれも間違ってないので、「プロかどうか」はもういいんです。

自称プロなんて沢山います。

ホニャララ教室の発表会のゲスト演奏でお金もらうのも、動画サイトに投稿して広告収入得るのも、リサイタルでお金もらうのも一緒で、プロかアマチュアかの線引きなんてできないんです。

 

もう、みんなプロでいいです。

これからは「いくらの価値がある芸術家か」。

差は数字によってあらわれるのではないでしょうか。

 - 雑事