しるし書店

   

「しるし書店」というアプリがリリースされました。

 

簡単に説明すると古本販売のプラットホームアプリです。フリマアプリの本版ですね。

一番の特徴は、読者(出品者)が読んだ際に気になったページに折り目を付けたり、マーキングしたり、ついた付箋をそのままにして出品できることです。

これによって購入者は出品者の頭の中を垣間見ることできます。

 

このアプリが流行れば、僕も僕の気になる人々の頭の中を覗くことができます。それが楽しみです。

 

僕もやんわり出品します。物好きな人がいたら買ってください。

2A7A17D2-35EF-48E7-9C7E-968A4B9A55DC

 

前田啓太のレターポット

 - 雑事