新世界

   

めぐろパーシモンホールといわきアリオスにてオーケストラの本番でした。

ドボルザークプログラムで、チェロコンチェルトとシンフォニーの9番。

楽器はトライアングルとシンバル。

コンチェルトは三楽章構成で、出番は三楽章のみ。40分弱の曲の中で2分ほどしか出番がありません。待ち時間めっちゃ長いです。

シンフォニーは四楽章構成で、三楽章にトライアングルいっぱい、四楽章にシンバル一音です。待ち時間めっちゃ長いです。

 

3E9F9102-048C-4050-A21F-62AD134F9EE2

 

待ち時間が長いといえど、特にシンフォニーは打楽器奏者にとって決して容易なレパートリーではありません。

打楽器奏者一人でできる曲なので、ほとんどの場合どこのオーケストラでも正団員が演奏して、エキストラが演奏する機会は滅多にありません。とても貴重な体験できるです。

オーケストラのリハーサルは回数も時間も短く、「個人でできる準備は完璧にしてきて当たり前」という世界です。

1か月間トライアングル練習して挑みました。

 

楽観視するわけでもなく、慢心せず、「ネガテイブにならずにどんな事態も想定して準備する。」結局何事にも大切なことですね。

 - オーケストラ, 演奏