レターポット、始めました。

   

クラシック音楽業界でおそらく最初に「レターポット」なるものを始めました。

 

「レターポット」、全く聞いたことがないワードかと思います。

 

すごく簡単に説明すると「『レター』を購入し、その『レター』を文章に変換して送ることができるサービス」です。1レター=1文字です。100レターを500円で購入できます。

もらった文章は一文字1レターとして、また他の人に贈ることができます。

昨年末からサービスがスタートしました。

細かいシステムは未だ発展中です。らしいです。

詳しくは『レターポット』検索してください。。。僕より説明上手なブログなりいろいろ見つかります

 

開発しはじめた当初は仮想通貨?第3の通貨?といった印象でした。

世の中には、贈り物や差し入れで、物品をもらっても困る人がいる。かと言ってお金や金券贈るのも冷えててダサいなー、そんな時の代替物、となるイメージでした。

 

(ちなみに僕は物品をもらうのが苦手です。わかってくれる人は稀にいますが、わかってくれない人は全然意味わかってくれません。人から物もらうことが「苦手」です。この苦手という感覚は結構根深いです。ちなみにちなみに、差し入れでいただいて一番嬉しいのは手紙です。)

 

そんな理由もあり、自分がコンサート出演のときに差し入れをいただくのを全て断ってこの「レターポット」でいただくことにすればいいじゃない!?ということで、ずっと注目してました。

 

いざ出来上がったレターポットは、僕の目論見どおりになるようなものではありませんでした。

 

むしろ、いい!!

 

システムとして換金機能がないこと、通例として返信をしなくてよいこと。この二つのおかげでレターポットは「感謝の気持ちを贈る」ことに特化されたシステムになってます。

 

前者のおかげで、物品やお金の代替物としての捉え方がなくなります。

 

そして後者のおかげで、メールや郵便手紙との差別化がはっきりできました。メールや手紙はどこかで返事を期待してしまい、相手にも暗黙のうちに返事を強制させています。「既読スルーは傷つく」みたいな一般論が流行った影響もありますね。返信なし=嫌な奴、みたいになってしまっている世の中、こわいです。

 

レターポットは返信をしないことを基本としているので、贈る側は返事を期待せずに「贈りたい気持ち」によって動きます。

 

 

つまり、、物品を贈る慣例(差し入れやお歳暮や〇〇祝いなど)のときの代替物としての機能は働かず、贈り物によってお近づきになろうという魂胆も機能せず、純粋に「感謝や励ましを伝えたい」という気持ちでしかレターがまわりません。

 

 

よくないですか?

 

 

今までに純粋に感謝を表現できなかったものが、表現できるようになったということです。この先まだまだどうなっていく未知数ですが、僕は「感謝の表現の一つの手段」として使います。

僕のレターポットです。

https://letterpot.otogimachi.jp/users/15555

 

 

 

使いかたの解説などは開発者の西野亮廣さんのブログがよさそうです。https://lineblog.me/nishino/archives/9315591.html

 

 

 

 - 雑事